北-大阪インプラントセンター
■よくあるご質問

Q.インプラント治療の成功率は?

A.
インプラントが、骨と結合する(オッセオインテグレーション)率は、当センターでは、上顎のインプラントは98%、下顎のインプラントは99%以上です。
骨と結合しない原因は、骨密度や、糖尿病、歯周病菌による感染、喫煙などが考えられます。
もし、結合しなかった場合は、再手術を行います。再手術を行って結合しなかったことは一度もありません。万が一、結合しなかった場合は、費用は頂きません。



Q.歯が1本もない場合でも、可能ですか?

A.
可能です。失った歯の本数は関係ありません。歯が1本も残ってない患者さんには、上顎、下顎に6〜8本のインプラントを埋入して、人工の歯を取り付けます。
埋め込むインプラントの本数を少なめにして、磁石の義歯を入れる場合もあります。その場合は、インプラントに磁石を取り付けて、磁石の力で義歯を安定させるものです。
また、高齢者の下顎の総入れ歯の方には、ミニインプラントも適応です。



Q.手術は痛くないですか?

A.
当然ですが、麻酔が効けば痛いわけはありません。また、麻酔自体も痛くなくできます。要するにご心配はいりません。それでもご心配な方は、鎮静法を併用して手術することもできます。
鎮静薬を服用しますと、手術中はうとうと眠ってる感じになり、楽に手術が終わります。ただ、当センターでは外科的負担を減らす手術法を極力選択しておりますので、手術は比較的楽です。
大体、インプラントを1本埋め込むのにかかる負担は、歯を1本抜くくらいの負担になります。



Q.治療期間はどのくらいかかりますか?

A.
下顎で3ヶ月半、上顎で4ヶ月半くらいです。ただし、上顎洞を持ち上げたり、特殊な手術をした場合は、プラス1〜4ヶ月くらいかかることもあります。その期間は、治療は必要ではなく、ただインプラントが骨と結合するのを待つだけです。ですから、基本的に通院は必要ありません。


Q.手術後のケアは?

A.
インプラントは10年後の生存率が95%です。インプラントがだめになる原因はほとんど歯周病です。
歯周病にならないために、手術後あるいは治療後のケアが重要となります。手術直後のケアにつきましては、ドクターが実際に患者さんに詳しくご説明します。
インプラントが骨とくっつくまでの期間(3〜4ヶ月)に、歯周病菌に感染しないよう、歯ブラシの仕方を丁寧に説明します。
すべての治療終了後のケアは、定期検診(メンテナンス)にお越し頂いて、歯周病の検査、お口の中全体のクリーニング(PMTC)などを行います。
PMTCは歯周病予防にものすごく効果があります。メンテナンスに確実に起こし頂ければ、インプラントは飛躍的に長持ちします。




まずは、無料電話相談を
無料電話相談
相談受付時間 月〜日9:00-20:00

少しでもお悩みなら
お気軽にお電話を!
必ずお役に立ちます


初診予約はこちら



■ コンテンツメニュー ■

院長紹介
センターの特徴・メリット
インプラント実績
よくある質問
アクセス・地図
初診予約はこちら
インプラントメニュ-
患者様の声

・モニター募集中!
・最新CTを導入

・サイトマップ
・トップページ


Copyright ©
北-大阪インプラントセンター
All Rights Reserved.